缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 しめじ
今日はキノコの缶詰をご紹介。
しめじ(缶)
会津みどり農業協同組合 三島山菜加工場さんの「しめじ」です。
これはシメジを水煮にした缶詰です。
こういうキノコの水煮缶は結構レアな品ですね。

しめじ(品名)
原材料は、しめじ、食塩、PH調整剤(クエン酸)、漂白剤(次亜硫酸Na)。
シメジは残念ながら中国産の物を加工しているようですね。
しめじ(調理法)
缶のラベルには調理方法が書かれていました。
五目御飯、吸い物、甘酢漬け、すき焼きなんかの具材にすると良いようです。
しめじ(開封)
開封するには缶切りが必要です。
中には色が抜けたしめじがたっぷり詰まっていました。
しめじ(中身)
缶から取り出したものがこちら。
シメジは一本一本解されていた物が大小サイズ入り混じっていました。
しめじ(しめじ)
写真の小さいものは一般的にイメージされるシメジの大きさかな。
大きいものは長さ9cm、笠の部分が径6cm、軸の太さは2㎝ぐらいありますよ。
そのまま食べてみると、シコシコっとした食感と茸の風味が感じられました。
旨味は水煮のせいか少し抜けてしまっている印象かな。
しめじ(調理1)
とりあえずは汁物の具材にしていました。
缶汁はクエン酸や漂白剤が入っていたから捨ててしまいましたが、
そのせいで旨みが不足してちょっと物足りなかったかな。
しめじ(調理2)
風味や食感を楽しむなら炊き込みご飯が良いようですね。
ただ、汁物と同じように旨味が抜けているのが残念ですよ。
添加物入っていても缶汁を使った方が正解だったかな。

製造者:会津みどり農業協同組合 三島山菜加工場
購入場所:道の駅尾瀬街道みしま宿
購入時の値段:忘れた
関連記事
山菜・茸・筍缶 | 固定リンク | トラックバック:0
(2014/05/10(土) 23:07)

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/988-dcd15bf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア