缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 北信州山ノ内町の県民食 サバタケ
今日は汁物の缶詰をご紹介。
北信州山ノ内町の県民食 サバタケ(缶)
山ノ内町総合開発公社さんの「北信州山ノ内町の県民食 サバタケ」です。
これはネマガリタケ鯖缶の味噌汁を缶詰にしたものです。
このたけのこ汁は北信州でよく食べられている郷土料理で、
長野県の鯖缶消費量が日本で1位、2位を争う理由でもあります。
なお、このサバタケ缶は毎年8月の上旬に
道の駅「北信州やまのうち」にて数量限定販売されており、
人気があるためすぐに売り切れてしまう品です。

北信州山ノ内町の県民食 サバタケ(品名)
原材料は、たけのこ、さば、味噌、食塩、調味料(アミノ酸等)。
ネマガリタケは山之内町志賀高原産の物を使用しているとのこと。
北信州山ノ内町の県民食 サバタケ(ラベル)
缶蓋には「山ノ内町外『限定』持ち出し」と書かれたラベルが貼ってありました。
北信州山ノ内町の県民食 サバタケ(説明書き)
中にはネマガリタケについての説明が書かれています。
北信州山ノ内町の県民食 サバタケ(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
開けた瞬間に魚の脂の匂いが感じられました。
北信州山ノ内町の県民食 サバタケ(中身)
鍋に移し温めてから食すことに。
は大ぶりの尾の身と小さな尾の身が二切れ入っていました。
ネマガリタケは大きさバラバラですが、
大体1.5~2.0㎝ぐらいで輪切りにされていますね。
北信州山ノ内町の県民食 サバタケ(具材)
まずは汁を一口飲んでみると、やや薄めの味噌味にの旨みが溶け込んでいます。
ネマガリタケはシャキシャキキュッキュとした小気味よい食感があり、
の方は尾の身のせい脂が少なくややパサッとしていたかな。
缶に書かれていた通り、はほぐして食べた方がいいかもしれません。
これは思った以上に味のバランスが取れた缶詰です。
麺類と合わせても良いかもしれませんね。

販売者:財団法人 山ノ内町総合開発公社
購入場所:道の駅 北信州やまのうち
購入時の値段:たしか980円
関連記事
スープ・汁物 | 固定リンク | トラックバック:0
(2013/12/28(土) 22:49)

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/939-dc25fc55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア