缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 奥只見猟師鍋 またぎ汁
今日は汁物の缶詰をご紹介。
奥只見猟師鍋 またぎ汁(缶)
(株)大沢加工さんの「奥只見猟師鍋 またぎ汁」です。
マタギとは東北地方の山間部にて生活していた狩猟集団のこと。
これはそのマタギが夕食時、囲炉裏端で食べていたという鍋を缶詰にしたものです。
名前からするとクマ肉やシカ肉が入っていそうですが、
使われているお肉は骨付き鶏肉だそうですよ。

奥只見猟師鍋 またぎ汁(品名)
原材料は、大根・骨付き鶏肉・舞茸・なめこ・人参・細竹・
醤油・わらび・食用植物油脂・砂糖・ぶどう糖果糖液糖・
かつお節エキス・肉エキス・食塩・調味料(アミノ酸等)・
酸化防止剤(ビタミンC)・漂白剤(亜硫酸塩)。
奥只見猟師鍋 またぎ汁(説明書き)
ラベルにはマタギの説明や食べ方、注意点などが書かれています。
基本的には鍋に移し、そのまま温めればいいようですね。
奥只見猟師鍋 またぎ汁(開封)
開封するには缶切りが必要です。
中には汁がなみなみと入っており、表面には油が浮いていました。
奥只見猟師鍋 またぎ汁(中身)
鍋に移し温めてから食すことに。
またぎ汁は一缶で4~5人前の量とのこと。
7寸の丸鍋にちょうどぐらいで、具材も汁も意外と多い印象ですね。
奥只見猟師鍋 またぎ汁(具材)
具材は、鶏肉、大根、人参、舞茸、なめこ、細竹、わらびの七種。
鶏肉は手羽中の部分が、なめこは開きが入っていました。
食べてみると、味付けは醤油ベースで、少し焦げたような芳ばしさがありますね。
大根のせいなのか、後味にやや渋みと言うか苦味が感じられるかな。
具材は味が染み込み柔らかですが、どれも食感がちゃんと残っていましたよ。
芳ばしさと苦味のせいで少し好みが分かれるかもしれませんが、
具だくさんでなかなかに美味しい缶詰だと思います。
アウトドアや防災備蓄などでも活躍しそうですね。

製造者:株式会社 大沢加工
購入場所:本間商店
購入時の値段:735円
関連記事
スープ・汁物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/08/26(月) 22:31)

<<いなば とり照りやき風 味付 | ホーム | 缶つま VEGETAPAS アンチョビポテト>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/892-57cb1c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア