缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 高原赤鶏 とりめしの素
今日は炊き込みご飯の素の缶詰をご紹介。
高原赤鶏 とりめしの素(缶)
(有)高農産業 西根デリカさんの「高原赤鶏 とりめしの素」です。
これは、ブロイラーの二倍の肥育日数をかけて育てられた
高原赤鶏を使った炊き込みご飯の素缶詰です。

高原赤鶏 とりめしの素(品名)
原材料は、鶏肉(国産)・人参・ごぼう・たけのこ・油揚げ・干椎茸・
醤油・みりん・清酒・食塩・風味減少(鰹節・鰹エキス・煮干し・昆布)・
砂糖・ぶどう糖果糖液糖・調味料(アミノ酸等)。
高原赤鶏 とりめしの素(調理法)
この缶詰は三合炊き用です。
調理方法は、三合の米と普通の水加減、それにこの缶詰を汁ごと加え、
三十分おいてから通常どおりに炊くだけとのこと。
高原赤鶏 とりめしの素(開封)
缶切りいらずのイージーオープン缶。
中には具材がギッチリ詰まっていました。
高原赤鶏 とりめしの素(調理)
米三合に対し、通常の水加減と缶詰の中身を加えたものがこちら。
水分量が思ったよりも多くて、ちゃんと炊けるか心配になるますね。
具材は、鶏肉の他に、牛蒡、人参、椎茸、筍、油揚げが入っていました。
筍はネマガリタケのようで、輪切りになっていました。
高原赤鶏 とりめしの素(とりめし)
炊けた物がこちら。
水っぽくならないか心配だったけれど、ちゃんと炊けたようです。
流石に米三合に対してだと、具材の割合が少なく感じられますね。
食べてみると、あっさり目の醤油味で優しい鶏と牛蒡の風味が感じられます。
鶏肉は醤油の濃い味が染み込んでいてムチッと引き締まっていますが、
鶏肉本来の味と旨みが外へ出てしまっているかな。
それでも十分美味しいとりめしですよ。
そのまま食べるよりも、おにぎりにする方が雰囲気出るかな。

製造者:有限会社高農産業 西根デリカ
購入場所:高農産業 西根デリカよりネット通販
購入時の値段:1,400円(送料別、缶詰お試しセット三缶入りとしての値段)
関連記事
鍋の素・ご飯の素 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/07/18(木) 22:33)

<<いぶりたけのこ | ホーム | 飛騨高山 ピリ辛牛もつ煮込み>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/878-f6cf2aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア