缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 飛騨高山 ピリ辛牛もつ煮込み
今日は煮込みの缶詰をご紹介。
飛騨高山 ピリ辛牛もつ煮込み(缶)
川上屋フーズさんの「飛騨高山 ピリ辛牛もつ煮込み」です。
これは飛騨牛の牛モツを使った煮込みの缶詰です。
前に紹介した「飛騨高山 牛もつ煮込み 甘口」の姉妹品になります。

飛騨高山 ピリ辛牛もつ煮込み(品名)
原材料は、牛内臓肉(国産)・みそ:大豆(遺伝子組み換えでない)・りんご・
にんにく・玉ねぎ・ごま・唐辛子・食塩・醤油・アミノ酸液・植物油・醸造酢・
香辛料・植物たん白加水分解物・糖類(果糖・ブドウ糖液糖・砂糖)・
ソルビトール・酒精・調味料(アミノ酸等)・酸化防止剤(ビタミンC)・
着色料(紅麹・カラメル・パプリカ色素)・酸味料・増粘剤(キサンタン)。
飛騨高山 ピリ辛牛もつ煮込み(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
中のモツ煮込みは季節がら固まっていない模様。
そのためは量が非常に少なく見えますね。
飛騨高山 ピリ辛牛もつ煮込み(中身)
鍋に写し温めてから食すことに。
もつ煮込みは一缶で二人前の量とのこと。
汁は粘度がありドロッとしていて、甘口より赤みが強い色合いをしています。
中の牛モツは、センマイやコプチャン、アキレス腱等、
様々な部位が入っているようですね。
飛騨高山 ピリ辛牛もつ煮込み(牛モツ)
食べてみると、かなり濃厚な味噌味でニンニク等の風味が効いています。
ピリ辛且つガツンと塩気も強いので、血圧が上がりそうな味付けです。
牛モツは様々な部位が入っているので、プリプリだったりトロトロだったり、
ムッチリだったりと食感もいろいろ楽しめますね。
モツ臭さやレトルト臭もなく、非常に美味しいモツ煮込み缶詰なのですが、
コッテリ濃く塩辛いので、ビールやサワー等さっぱり系の酒がないとキツイかな。

販売者:川上屋フーズ
購入場所:平湯産直市場
購入時の値段:たしか1,200円
関連記事
シチュー・煮込み | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/07/15(月) 20:22)

<<高原赤鶏 とりめしの素 | ホーム | ふき油炒め>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/876-6fed1425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア