缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 肉のハナマサのランチョンミート
今日はランチョンミート缶をご紹介。
肉のハナマサのランチョンミート(缶)
株式会社花正さんの「肉のハナマサランチョンミート」です。
これは関東圏で展開している業務用スーパーマーケットである
肉のハナマサ」が監修しているランチョンミート缶詰です。
製造は韓国のSAJOグループがおこなっているようですね。

肉のハナマサのランチョンミート(品名)
原材料は、食肉(豚肉・鶏肉)・でん粉・脱脂大豆粉・食塩・
野菜粉末(えんどう豆・じゃがいも・にんにく・玉ねぎ・にんじん・
生姜)・大豆たん白分解物・砂糖・香辛料・醤油・グルテン・
ゼラチン・デキストリン・マルトデキストリン・ホエイパウダー・
乾燥卵白・加水分解大豆たん白・乳糖・燻製油・
増粘剤(アラビアガム・カラナギン)・調味料(アミノ酸)・
pH調整剤・酸化防止剤(V.C)・リン酸Na・リン酸K・
発色剤(亜硝酸Na)・香料。
肉のハナマサのランチョンミート(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
中は一般的なランチョンミートと変わらない印象。
肉のハナマサのランチョンミート(中身)
肉は豚肉だけでなく鶏肉も入っているせいか、やや白っぽい色合い。
含まれている脂も少なめのようですね。
肉のハナマサのランチョンミート(調理1)
缶には「軽く焼くだけでごちそうメニュー」と書かてれいたので、
縦方向に厚めにスライスし、フライパンで焼いてから食べてみました。
鶏肉入りのせいか獣臭さは無く、塩気もやや控えめでマイルドですね。
脂が少なく軽い味で、わずかながら大豆たん白の風味が感じられますよ。
SPAMなんかに比べるとクセがなく、ややパンチにかけるかな。
肉のハナマサのランチョンミート(調理2)
せっかくなのでランチョンミートバーガーにもしていました。
うーん、このランチョンミートはこういう食べ方よりも、
汁物系の具材に使ったほうが合うかもしれないかな。

原産国:韓国
輸入者:株式会社 花正
購入場所:肉のハナマサ 麹町店
購入時の値段:300円くらい
関連記事
ハム・ソーセージ缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/06/27(木) 22:38)

<<姫リンゴ(枝付) | ホーム | 青森の正直 桜姫鶏 スタミナ源たれ塩味>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/869-9f5ca518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア