缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 DAIKOKUYA EDONIHONBASHI RUSK
今日は缶入り菓子をご紹介。
EDONIHONBASHI RUSK(パッケージ)
国分さんの「DAIKOKUYA EDONIHONBASHI RUSK」です。
これは国分さんの直営店限定販売品と思われる缶入りのラスクです。
味はシュガー・メープル・焦がしバター風・コーヒー・練乳の五種類あります。

EDONIHONBASHI RUSK(缶)
ラベルデザインは、シュガーが赤富士、メープルが日本橋と富士山、
焦がしバター風が美人画、コーヒーが神奈川沖浪裏、練乳が花火と屋台船。
これとはまた別のラベルデザインの物もあったはず。
EDONIHONBASHI RUSK(品名)
原材料は下記の通り。
シュガー:小麦粉・バター・砂糖・食塩・イースト・モルトエキス・香料。
メープル:小麦粉・ショートニング・砂糖・砂糖混合異性化液糖・メープルシロップ・
食塩・イースト・モルトエキス・バターエキスパウダー・香料・甘味料(スクラロース)。
焦がしバター風:小麦粉・マーガリン・砂糖・バター・食塩・イースト・モルトエキス・香料。
コーヒー:小麦粉・バター・砂糖・濃縮コーヒー・食塩・イースト・モルトエキス。
練乳:加糖れん乳・バター・小麦粉・砂糖・食塩・イースト・モルトエキス。
EDONIHONBASHI RUSK(開封)
缶蓋は薄いアルミ製で、イージーオープン構造となっています。
缶の中にはラスクと脱酸素剤が入っていました。
EDONIHONBASHI RUSK(中身)
ラスクは一口大に乱切りされたフランスパンが使われている模様。
一缶に全部で15切れぐらい入っているようですね。
EDONIHONBASHI RUSK(種類)
見た目はコーヒー以外大差ない印象ですね。
食べてみると、どれも軽くてサクッとした良い食感です。
シュガーはシンプル、メープルは甘い香りが濃厚、焦がしバター風は芳ばしく、
コーヒーはやや重めでホロ苦、練乳はミルキーでコテッとした味でした。
どれも美味しいですが、コーヒーと練乳はちょっと人を選ぶかもしれないですね。

販売者:国分株式会社
購入場所:ROJI日本橋
購入時の値段:忘れた
関連記事
菓子缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/03/12(火) 21:39)

<<華つくねスープ | ホーム | 美麻高原蔵 天然醸造 二年味噌使用 鯖みそ煮>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/825-3b63548d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア