缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 名屋 燕麦緑豆湯(粥)
今日はデザート缶詰をご紹介。
燕麦緑豆湯(缶)
名屋食品廠産業股份有限公司さんの「燕麦緑豆湯(粥)」です。
これは台湾デザート缶で、燕麦入り緑豆スープの缶詰です。
緑豆湯は台湾や北京などでは夏の定番デザートなんだとか。

燕麦緑豆湯(品名)
原材料は、砂糖・緑豆・麦・燕麦。
日本語表記にはハトムギとかかれていますが、
燕麦とハトムギは全くの別物です。
燕麦は別名カラスムギとも呼ばれているので、
ハトでなくツバメかカラスなら正解だったんですけどね。(笑
燕麦緑豆湯(プラキャップ)
プラキャップには折りたたみ式のスプーンが付いていました。
缶から直に食べるには、ちょっとスプーンが短いかな。
燕麦緑豆湯(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
湯というだけあって、中は豆よりシラップの量が多いみたいですね。
燕麦緑豆湯(中身)
シラップは豆のせいで薄茶色に濁っています。
具材は緑豆と麦、燕麦の三種で、緑豆は小粒で身割れしていました。
燕麦緑豆湯(具)
食べてみると、緑豆はホックリ、麦はもっちり、
燕麦はショリッとした食感がありますね。
シラップの甘さは控えめで、すごくサッパリとしています。
これは夏バテで食欲が落ちたときなんかに良さそうですよ。

原産国:台湾
販売者:名屋食品廠産業股份有限公司
輸入者:東永商事株式会社
購入場所:台灣物産館 笹塚本店
購入時の値段:150円ぐらい
関連記事
スイーツ缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/07/31(火) 22:10)

<<PORONKARISTYS | ホーム | 缶つま 牛タン焼き スタミナ源 たれ味>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/731-60c80a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア