缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 カモメ印 焼蛤 AJITSUKE HAMAGURI-KUSHIYAKI
今日は貝類の缶詰をご紹介。
カモメ印 焼蛤(ラベル)
大坂屋さんの「カモメ印 焼蛤」です。
これは昭和初期創業の老舗の焼き蛤屋さんが作る、
千葉名物のやき蛤串の缶詰です。

カモメ印 焼蛤(ラベル裏)
ラベルの裏側は英語表記。
もともとは海外向けの缶詰なのかな?。
カモメ印 焼蛤(品名)
現zないりょうは、蛤(原産国:中国)・醤油・砂糖・味醂・
調味料(アミノ酸)・保存料(ソルビン酸k)。
蛤が国産でないのがちょっと残念です。
カモメ印 焼蛤(開封)
開封するには缶切りが必要です。
取り出しを考えると、底蓋を開けたほうがよかったみたい。
カモメ印 焼蛤(中身)
やき蛤串は全部で10本入っていました。
9cmの短めの串にむき身の蛤が4個刺さっています。
タレもそこそこ入っているので串自体ちょっとベタベタしていました。
ちなみに大坂屋さんのやき蛤は手焼きとのことですが、
この缶詰も手焼きなんでしょうかね?。
カモメ印 焼蛤(やき蛤串)
蛤は甘めの醤油ダレでつけ焼きにされており、
食べてみると、ヒモの部分はムッチリ、身はネットリとした食感。
酒のつまみにすると非常によい感じですね。
温めると芳ばしさが増して、ご飯なんかにも合う印象。
これはなかなかに美味しい缶詰でしたよ。

製造者:株式会社 大坂屋
購入場所:大坂屋 JR千葉駅ビル一階売店
購入時の値段:998円
関連記事
貝類缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/04/16(月) 22:13)

<<HOKUNOU 桃シラップ漬 | ホーム | Henaff Pate de Foie(Liver Pate)>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/677-31ea5226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア