缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 博多うまかもん逸膳庵 鯨の水炊き はりはり鍋
今日は鍋の素の缶詰をご紹介。
博多うまかもん逸膳庵 鯨の水炊き はりはり鍋(缶)
(株)逸膳庵さんの「の水炊き はりはり鍋」です。
これは名前の通り、鯨肉を使ったはりはり鍋の素の缶詰です。
ちなみにこの缶詰の販売者である逸膳庵さんは、
博多水炊き缶で有名な大盛食品さんの通販ブランドだそうですよ。

博多うまかもん逸膳庵 鯨の水炊き はりはり鍋(品名)
原材料は、ひげ・清酒・風味原料(昆布エキス・魚エキス・
かつお節・さば節)・みりん・砂糖・しょうゆ・食塩・酵母エキス・
昆布・調味料(アミノ酸等)・増粘剤(キサンタンガム)。
缶蓋に書かれたマークによると、鯨肉は南氷洋で捕られたミンクのようですね。
博多うまかもん逸膳庵 鯨の水炊き はりはり鍋(開封)
缶切りいらずのイージーオープン缶。
中は思っていた以上に脂が浮いていました。
博多うまかもん逸膳庵 鯨の水炊き はりはり鍋(調理法)
調理方法は、中身を缶一杯分の水で薄めてから火に掛け、
鍋用の具材を入れ煮立たせるだけのようですね。
博多うまかもん逸膳庵 鯨の水炊き はりはり鍋(調理)
今回は水菜のみを使ったはりはり鍋で頂きました。
具材は鯨肉の赤身の他に、少量の鯨ベーコンと畝須、昆布が入っていました。
赤身は小さく砕けてしまっている物がちょっと多いかな。
博多うまかもん逸膳庵 鯨の水炊き はりはり鍋(中身)
スープは昆布ベースの薄味で、優しい旨味と後からほんわり鯨の香り。
赤身は引き締まっていて、脂身はプリプリとした食感。
昆布はうっすら透き通っており、柔らかくトロトロでした。
味がしっかりしているので、ポン酢なんかは要らない印象です。
思っていた以上に上品で美味しい鍋の素でしたよ。
普通の鍋の他に、おでんの出汁にしても良いかもしれませんね。

販売者:株式会社 逸膳庵
購入場所:Amazon.co.jpよりネット通販
購入時の値段:1,050円(送料別)
関連記事
鍋の素・ご飯の素 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/01/13(金) 22:12)

<<缶つまレストラン マテ茶鶏のオリーブオイル漬け | ホーム | 花咲かに てっぽう汁>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/632-ffa238ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア