缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 花咲かに てっぽう汁
今日は汁物系缶詰をご紹介。
花咲かに てっぽう汁(缶)
根室缶詰さんの「花咲かに てっぽう汁」です。
これは北海道根室名物である花咲ガニ鉄砲汁缶詰です。
ちなみに鉄砲汁の由来は、蟹の身を掻き出す仕草が
砲身の掃除している姿に似ているからだそうですよ。

なお、根室缶詰さんは2010年に廃業されており、
缶詰はすべて終売になっているので、現在では入手は難しい状態です。

花咲かに てっぽう汁(品名)
原材料は、花咲かに殻付(根室)・食塩のみと至ってシンプル。
スープというより水煮缶といった感じですね。
花咲かに てっぽう汁(開封)
開封するには缶切りが必要です。
開けた瞬間に蟹のつよい香りが漂いました。
花咲かに てっぽう汁(中身)
缶から取りだした物がこちら。
花咲蟹の爪と足の部分が殻付きのままぶつ切りにされて入っており、
スープは白濁していて良く出汁が出ている感じですね。
花咲かに てっぽう汁(調理法)
この缶詰はそのまま食べるのではなく、調理が必要とのこと。
缶2~3杯の水を足し、味噌で味付けをする必要があるみたいです。
花咲かに てっぽう汁(調理)
今回は具を足さずに、缶2杯分の水を足し味噌で味付けし頂きました。
これで大体2~3人前ぐらいの量ってところでしょうか。
一口飲んでみると、しっかりとした蟹の旨味が感じられます。
殻付きのせいか、表現が抽象的ですが香りが硬い印象を受けますね。
これはキチン質由来の香りなんでしょうか?
蟹の身は予想以上に詰まっていましたが、
濃縮されたスープを吸っているので、ちょっと味が強すぎるかな。
調理法のところ書かれていたとおり、鉄砲汁としてだけではなく、
いろいろな調理に使えそうな感じですね。

製造者:根室缶詰株式会社
購入場所:松屋銀座 ザ・グロッサリー
購入時の値段:472円
関連記事
スープ・汁物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/01/11(水) 22:22)

<<博多うまかもん逸膳庵 鯨の水炊き はりはり鍋 | ホーム | 記事の追加>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/631-d0e3e779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア