缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 博多 かしわ水たき
今日は鍋の素の缶詰をご紹介。
博多 かしわ水たき(缶)
内外実業株式会社さんの「博多 かしわ水たき」です。
これは博多水炊き用の鶏肉入濃縮スープの缶詰です。
大盛食品さんの水炊きスープ缶と同様に、
雑誌等のお取り寄せ特集なんかでよく紹介されている缶詰でもありますね。

博多 かしわ水たき(品名)
原材料は、鶏肉・食塩・調味料(アミノ酸)。
大盛食品さんの物には生姜が入っていましたが、
内外実業さんの物には入っていないようですね。
博多 かしわ水たき(開封)
開封するには缶切りが必要です。
中のスープは白濁していましたが、思ったよりも脂の量は少ない印象。
博多 かしわ水たき(中身)
缶を鍋に空けた物がこちら。
鶏肉は一口大にぶつ切りにされており、少し煮崩れていました。
調理方法としては、空けた缶で2~3杯の水加えて煮立たせると書かれていましたが、
それだと薄くなりすぎると思い、今回は1.5杯分の水で調理してみました。
博多 かしわ水たき(スープ)
野菜を入れる前にスープをコップにとり、
塩と胡椒とネギを入れ頂くのが博多式とのこと。
飲んでみると、じんわり優しい鶏の旨味が感じられました。
博多 かしわ水たき(調理)
野菜を入れ炊いたものがこちら。
一缶で3~4人前の量とのことですが、
鶏肉は量がちょっと少ないので足す必要がありそうですね。
スープはあっさり目で鶏の風味が良く出ています。
ただ、水1.5杯ではちょっと薄めすぎた感じがありましたよ。
博多 かしわ水たき(鶏肉)
鶏肉は骨付きで、食べてみるとホロリとした柔らかさがありました。
手羽や骨のまわりの肉なんかはしっとりとしていましたが、
他の部分は多少のパサつきがありましたね。
骨が小さく砕けているものもあるので、お年寄りはちょっと注意が必要かも。
この缶詰は、水炊きとして食べるよりスープストック向きな印象を受けますね。
これでチャンポンや白湯ラーメンを作ったら美味いんじゃないかな。

販売者:内外実業株式会社
購入場所:三浦屋 吉祥寺店(旧店舗)
購入時の値段:630円
関連記事
鍋の素・ご飯の素 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/10/28(金) 23:26)

<<玄米がゆ | ホーム | 宮澤食品のくし形りんご>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/597-688bf873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア