缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 魚沼産コシヒカリ使用 白がゆ
今日はお粥缶詰をご紹介。
魚沼産コシヒカリ使用 白がゆ(缶)
谷啓製作所さんの「白がゆ」です。
谷啓製作所さんは、本来缶詰食品ではなく缶詰の蓋を作っている町工場で、
W-セーフティ缶蓋という非常に安全を重視した缶蓋を開発し、
業界内では世界的に知られている会社さんだそうですよ。

魚沼産コシヒカリ使用 白がゆ(品名)
原材料は、精米(コシヒカリ)のみ。
お米は魚沼産の減農薬・減化学肥料栽培コシヒカリを使用しているとのこと。
魚沼産コシヒカリ使用 白がゆ(説明書き)
ラベルには召し上がり方と、ハイブリットフーズという規格の特徴が書かれていました。
なんでもハイブリットフーズは、缶詰とパックを併用した新しい製法なんだとか。
魚沼産コシヒカリ使用 白がゆ(開封)
缶切りいらずのイージーオープン缶。
当然のことながらW-セーフティ缶蓋が使用されています。
魚沼産コシヒカリ使用 白がゆ(パック)
缶の中には水とお粥のパックが入っていました。
ちなみに中の水は飲めないらしいので注意です。
このハイブリットフーズというのは、浸透圧で調理がおこなわれるため、
缶の臭いも、レトルト臭もなく、旨味だけを閉じこめることが出来るんだとか。
魚沼産コシヒカリ使用 白がゆ(中身)
湯煎し温めてから食すことに。
お粥は水気の少ないモッタリとしたタイプのようです。
食べてみると、モッチリとした食感で米の甘みがよく感じられます。
たしかに缶臭さやレトルト臭さはほとんど無いようですね。
ずしっとた感じなので腹持ちも良さそうな印象ですよ。
これは今まで食べたお粥の中でもトップクラスの美味さです。
ハイブリットフーズの効果かどうかは解りませんが、
非常にレベルの高い缶詰なのは間違いないですね。

製造者:有限会社 谷啓製作所 食品事業部
購入場所:おいしい缶詰屋さん(タニケイ)よりネット通販
購入時の値段:1,800円(缶詰お試し6缶セットとしての価格、送料別)
関連記事
ご飯缶詰 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/09/28(水) 22:04)

<<とろとろ煮込んだカレーリゾット | ホーム | あまがし>>

コメント
 
非常食に良さそうです。
浸透圧で調理とはどんな風に調理するのか好奇心が湧きますね。
ハイブリッドも珍しいですが榮太郎のみつ豆缶もある意味ハイブリッドでは(笑)
URL | こば #9096B5QI | 2011/09/29(木) 00:05 [ 編集 ]

  Re: タイトルなし
こば 様

この缶詰は缶と袋という構成でゴミが増えるのと、
賞味期限が2年と短いと言うのが非常食としてはネックですね。
浸透圧調理については、谷啓製作所のウェブページに説明書きがありましたが、
図解されていてもいまいちよく解らなかったですよ。

あと、個人的には榮太樓のみつ豆缶より、
リリーコーポレーションさんのみつ豆缶の方が、
ハイブリット感は上だと思います。(笑

URL | Sotomichi #- | 2011/10/04(火) 22:37 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/584-c69d9bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア