缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 あまがし
今日は甘味系缶詰をご紹介。
あまがし(缶1)
沖縄県農業協同組合さんの「あまがし」です。
あまがし沖縄県に古くから伝わる伝統菓子で、
押し麦や豆類を使ったぜんざい風の粥のこと。
沖縄県の端午の節句では、菖蒲の葉を匙代わりにしあまがしを食べ、
子供の無病息災を祈る風習があるそうですよ。

あまがし(缶2)
あまがしは温めて食べても良いそうで、
缶のラベルには椀に入ったものも描かれています。
あまがし(品名)
原材料は、農産物(麦・金時豆)・糖類(砂糖・果糖ぶどう糖液糖)・
黒糖・寒天・食塩。
あまがし(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
開けるときには事前によく振ってからの方が良いそうですよ。
あまがし(中身1)
文化圏の影響か、中国や台湾の八寶粥なんかに見た目が似ている印象ですね。
汁はややとろみがあり薄く濁っています。
具材は押し麦と金時豆のみで、緑豆なんかは入っていない模様。
あまがし(中身2)
麦はもっちり。金時豆はホックリとした食感。
味は黒糖の風味が強く、すこし酸味のようなものが感じられました。
甘さの方は思ったよりも強くなくサッパリとしていますね。
いかにも暑い国のデザートって感じです。
あまがし(中身3)
温めて食べてみると、甘さと風味が強くなった印象。
悪くないですが、個人的には冷たくした物の方が美味しいかな。

販売者:沖縄県農業協同組合
購入場所:銀座わしたショップ
購入時の値段:241円
関連記事
甘味缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/09/27(火) 21:57)

<<魚沼産コシヒカリ使用 白がゆ | ホーム | Barbier Danphin Ratatouille PROVENCALE>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/583-4bcdaccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア