缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 常備食 焼米
今日はお米の缶詰をご紹介。
常備食 焼米(缶)
地熱たべもの研究所さんの「常備食 焼米」です。
焼米は、玄米を煎って潰して作る日本古来のインスタント食品。
保存食として日本各地で作られていたとのこと。

常備食 焼米(品名)
原材料は、ひのひかり玄米(大分県産)・てんさい糖(別袋入)。
常備食 焼米(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
切り口が手に触れにくい安全構造になっていました。
常備食 焼米(てんさい糖)
缶の中には焼米の他に、てんさい糖が2袋入っています。
常備食 焼米(中身)
焼米は薄いフレーク状をしています。
一缶でお椀約2膳分の量みたいですね。
常備食 焼米(焼米)
そのまま食べてみると、焼米はアルファ化しており、
軽くパリッとしていますが芯が残っているような食感。
煎っているので芳ばしさがありました。
常備食 焼米(調理)
食べ方としては、お湯を注ぎお粥状にして食べるのが一般的とのこと。
お湯でふやけた焼米は、柔らかくお米のモッチリ感が少し戻ってきますね。
てんさい糖を入れると、じんわりと優しい甘さで身体に染み入る感じです。
疲労時や風邪気味なんかの時なんかに食べたくなる味ですよ。
てんさい糖ではなく塩を入れると、お粥っぽさが増します。
浸透圧の関係か、てんさい糖の時より非常に柔らかになりました。
個人的には塩よりも、てんさい糖で味を付けた方が好みでしたよ。

製造者:有限会社 食工房地蔵原
購入場所:ベルメゾンネットよりネット通販
購入時の値段:3,480円(6缶入り、送料別)
関連記事
ご飯缶詰 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/05/07(土) 22:07)

<<帝国ホテル HASHED BEEF | ホーム | 南ふらの エゾ鹿カレー煮>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/514-68fdf3a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア