缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 もくずがに汁(青森県小川原湖産)
今日は汁物系缶詰をご紹介。
もくずがに汁(缶)
えび蔵さんの「もくずがに汁(青森県小川原湖産)」です。
これは青森県上北郡東北町にある、シラウオの踊り食いで有名な
「居酒屋れすとらん えび蔵」が作っている缶詰です。

もくずがに汁(品名)
原材料は、小川原湖産モクズ蟹・県産ニンニク・
ニラ・醤油・みりん・食塩・コショウ・酒。
もくずがに汁(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
開けた瞬間に芳ばしいような蟹独特の香りが感じられました。
もくずがに汁(中身)
鍋で温めてから食すことに。
モクズガニは上海蟹の近縁種で、日本全国に生息しており、
ツガニやカワガニ、ケガニと呼ばれ古来から食べられていた川蟹です。
このモクズガニ汁の作り方はかなり特徴的で、
生きたままカニを殻ごとすりつぶし、漉して汁に仕立てるとのこと。
もくずがに汁(モクズガニ)
この缶詰には具として半身のモクズガニが二切れ、約一匹分が入っています。
汁は醤油ベースで、漉されたカニの身がモロモロッとした状態で沈んでいました。
缶にはニラやキノコ類をお好みで入れてとありましたが、
たしかになにも入れないとカニ以外入っていないので寂しい感じですね。
飲んでみると、カニ味噌の芳ばしく濃厚な風味が口一杯に広がります。
川蟹なので海の蟹にある磯臭さはありませんね。
蟹の出汁も良く出ていて旨味もたっぷりといった感じですよ。
もくずがに汁(断面)
ちなみに具のモクズガニは中身が詰まっていましたが、
食べられるところは、ちょっぴり入った黄色い味噌の部分ぐらいでした。

製造者・販売者:蛯名 正直(居酒屋れすとらん えび蔵)
購入場所:えび蔵さんの直販サイトより購入
購入時の値段:1,000円(送料別)
関連記事
スープ・汁物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/12/12(日) 22:54)

<<Bridge BRAND オレンジマーマレード | ホーム | 粥一番 ささ茶がゆ>>

コメント
 
蟹座は家庭的で好きです。
カニバサミは、こまるなあ
常になやまされます。
URL | レモン #- | 2010/12/12(日) 23:38 [ 編集 ]

  Re: タイトルなし
レモン様

いつもBlogにコメントいただきありがとうございます。

URL | Sotomichi #- | 2010/12/18(土) 19:59 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/445-053c3ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア