缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 津軽李平屋 焼きりんご
今日も焼きりんごの缶詰をご紹介。
津軽李平屋 焼きりんご(ラベル)
株式会社ホクトさんの「津軽李平屋 焼きりんご」です。
青森産のりんご『ふじ』を使用した焼きりんごの缶詰。
りんごの品種が書いてあったのは紹介した中でこれだけですね。
テレビでも何度か紹介されており結構有名らしい。
ネット通販やアンテナショップなんかで販売しているので
一番入手しやすい焼きりんご缶なのかも知れません。

津軽李平屋 焼きりんご(品名)
原材料は、りんご(青森産)・砂糖・異性化液糖・酸化防止剤(V.C)・香料。
内容量は300gとサンヨー堂さんと千疋屋総本店さんの物より100g少ないですね。
津軽李平屋 焼きりんご(開封)
開封はイージーオープン缶なので缶切り不要。
他の缶詰と違い中にはカットされた焼きりんごが入っていますね。
開けた瞬間、少しフレッシュ感のあるりんごの甘い香りがしましたよ。
津軽李平屋 焼きりんご(中身)
りんごの形状は8つ切りと書かれていましたが、中に入っていたりんごは11切れ。
約一個半分の焼きりんごが入っている計算ですね。
食べてみると、身は柔らかいがサックリ感も少し残っています。
シナモンなどの香りはなく純粋にりんごの風味といった感じです。
りんごの皮は厚めなせいか口に残るのでちょっと食べにくいかな。
サンヨー堂さんや千疋屋総本店さんのものと比べて、
さっぱり感とフレッシュ感がありました。
りんご自体の風味はワンランク上かな。

温めて食べてみても、身がしっかりとしている印象を持ちました。
ただ、シナモンなどの香辛料の風味がないので、
温めたときの味のインパクトがあまりありませんね。
これは冷たくして食べた方が良いと思いました。
それにケーキなどに使う素材缶としても使えそうな気がしましたよ。

販売者:株式会社 ホクト
購入場所:あおもり北彩館 東京店
購入時の値段:336円
関連記事
スイーツ缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/10/26(日) 22:24)

<<懐石風仕込み 鱈のフォアグ~ラ みそ味 | ホーム | 千疋屋のフルーツ 焼りんご>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/38-a491838a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア