缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 鯖パインソース
今日は鯖缶をご紹介。
鯖パインソース(ラベル)
富山県立海洋高校さんの「鯖パインソース」です。
これは海洋高校の海洋食品情報科三年生が実習で作成した缶詰
鯖とパイナップルソース組み合わせるとは、
大変意欲的で味の想像がしづらい缶詰ですね。

鯖パインソース(品名)
原材料は、鯖・パイナップル・砂糖・バター・
グルタミン酸ナトリウム・塩・ホワイトドレッシング。
鯖パインソース(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
匂いを嗅いでみましたが、普通の鯖缶と変わりはない感じですね。
鯖パインソース(中身)
缶から取りだした物がこちら。
中には筒切りの鯖が二切れ入っていました。
調味液は透き通った黄金色をしており、摺ったパインの繊維らしき物が見えます。
食べてみると、鯖は見た目よりも身が引き締まっていて脂が少なめ。
味付けはほんのり甘めで、パインの風味は後から鼻に抜けてゆく感じ。
予想していたよりもパインの味は控えめでしたね。
これは際物感が無く、鯖の調味液は非常に馴染んだ感じでしたよ。
半身は電子レンジで温めて食べてみましたが、
温めた方が調味液の旨味やバター由来のコクが増した感じ。
個人的には温めて食べた方が良いと思いましたね。

製造販売者:富山県立海洋高校 海洋食品情報化3年生
購入場所:チャレンジショップ Gestoreおだわら
購入時の値段:200円
関連記事
さば・いわし缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2010/05/31(月) 21:08)

<<缶つま 味噌カレー味のさんま | ホーム | 越後村上の味 鮭白子水煮>>

コメント
 
ほう!なかなか意欲的な商品ですね。
大企業では出てこない発想かもしれません。
しかも高校生が作った缶詰とは。
鯖にパイン、常識にこだわらない柔軟な発想、年取ると薄れてしまいますが見習わねば!

確かに、これは温めたほうが美味しそうですね。
やはり白ワイン? と、常識にこだわらないで
白ワイン、日本酒以外の魚に合う酒を探してみるのもいいかも。
URL | こば #9096B5QI | 2010/05/31(月) 23:31 [ 編集 ]

  Re: タイトルなし
こば様

普通、鯖とパインソースを合わせる発想って出ないですよ。
こういう缶詰は、儲けを考えないからこそチャレンジできるのかも知れませんね。
過去に岩手県の宮古水産高等学校が鮭の中骨缶を作り、
それが話題となって企業も作るようになったと言う例もあるので、
この缶詰も話題になっていけばおお化けするかも知れませんよ。
ちなみに、パインソースの他に鯖アップルソースもあるようです。

バターの風味がほんのあるので、
日本酒よりは洋酒向けかも知れませんね。
蒸留酒系が合うかも。
URL | Sotomichi #- | 2010/06/03(木) 21:41 [ 編集 ]

  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| # | 2010/12/25(土) 13:41 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/352-e6060819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア