缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 鱒財缶 水煮
今日はマスの缶詰をご紹介。
鱒財缶 水煮(缶)
柿島養鱒株式会社さんの「鱒財缶 水煮」です。
これは柿島養鱒株式会社と高品質のツナ缶で知られる由比缶詰所さんが、
コラボして生み出されたという富士宮産養殖ニジマスの水煮缶詰です。
「鱒財缶」と書いて「そんざいかん」と読むようですね。
このネーミングは富士宮にじます学会さんが命名したとのこと。

鱒財缶 水煮(品名)
原材料は、ニジマスと塩のみ。
富士宮にじます学会公認とも書かれていますね。
鱒財缶 水煮(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
液には思っていたよりも脂が浮いていますね。
鱒財缶 水煮(中身)
ニジマスなので身は白く、一切れ一切れがかなり小振りですね。
香り的にはカラフトマスの水煮とあまり変わらないかな。
鱒財缶 水煮(アップ)
食べてみると、淡泊ですがやはりマス系独特の味です。
身はホロッと柔らかく、通常のマスより身質が細かい印象です。
ちょっと醤油を垂らして食べてみると、
面白いことにニジマスの味がハッキリ感じられました。
これは醤油をかけた塩焼きの味を舌が覚えているからでしょうか。
ニジマスの風味を楽しむなら醤油が必需品かもしれませんね。
鱒財缶 水煮(解体)
ちょっと気になったのが骨回りの身に赤い部分があるところですね。
なんだか血のような赤さで、これは見た目が悪いですよ。
この点以外にはとくに不満はありませんし、
サケ・マスの缶詰より上品さがある缶詰なんですけどね。

販売者:柿島養鱒株式会社
購入場所:伊豆の達人よりネット通販。
購入時の値段:1,200円(お試し3缶セットの価格)
関連記事
さけ・ます缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/26(月) 22:02)

<<鱒財缶 バジル | ホーム | ヒカリ食品 金時豆煮豆>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/336-7f4fcef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア