缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 ツルシマ 鯉こく
今日は汁物系缶詰をご紹介。
ツルシマ 鯉こく(缶)
ツルシマさんの「鯉こく」です。
このツルシマさんの缶詰が一番入手しやすい鯉こく缶になるのではないでしょうか。
出産後の母乳の出を良くするという逸話から、健康食品として扱われている模様。

ツルシマ 鯉こく(品名)
原材料は、鯉・ごぼう・みそ・人参・玉ねぎ・生姜・ゴマ油・醤油。
添加物は使用していないようですね。
鯉は清流に二週間ほど放置しドロ抜きした物を、
調味料は本醸造濃口醤油と天然醸造三年味噌と
圧搾法一番搾り純正ゴマ油を使用しているとのこと。
ツルシマ 鯉こく(開封)
開封するには缶切りが必要です。
かなり濃いめな味噌の香りが感じられますね。
ツルシマ 鯉こく(中身)
お鍋で温めてから食すことに。
ちなみに1.5倍に薄めろと書かれていたのを食べ終わってから気がついたので、
今回は薄めずにそのまま食べてしまっています。(汗
一般的な鯉こくは、鯉が筒切りになって入っていると思いますが、
この缶詰鯉こくは原型が留めていないほど煮崩れています。
野菜についてもゴボウの輪切り以外形は残っていませんね。
食べてみると濃い味噌とゴボウ独特の風味が感じられます。
鯉はフレーク状なのでちょっとモソモソっとした食感ですね。
味は悪くないですが、鯉こくって感じがしないかな。
やはり鯉は筒切りの塊で欲しいところですよ。

販売者:有限会社 ツルシマ
購入場所:オーガニックハウス Vert
購入時の値段:609円
関連記事
スープ・汁物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/07(土) 21:27)

<<オードブルツナ バター風味 | ホーム | Nos Toasts Chaude "Crevettes au Calvados">>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/249-2b4c98df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア