缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 紅鮭中骨
今日は鮭缶をご紹介。
紅鮭中骨(缶)
台灣糖業さんの「紅鮭中骨」です。
これは台湾製缶詰で鮭の中骨缶です。
鮭の中骨缶は日本だけの物だと思っていたのですが、
海外でも中骨缶って作っていたんですね。

紅鮭中骨(品名)
原材料は、紅鮭中骨・糖・植物油・醤油・調味料。
水煮ではなく味付けになっているようですね。
紅鮭中骨(缶蓋)
缶はイージーオープン構造。
切り口に接着剤らしきものが塗られています。
こういう粗い造りの缶詰は日本ではあまり見かけられないですね。
紅鮭中骨(開封)
見た目に反して開け心地は悪くありませんでした。
鮭の中骨は結構ゴチャゴチャッと入れられているようですね。
調味液はあまり入っていませんでした。
紅鮭中骨(中身)
食べてみると、少し甘めでかなり濃いめの味付け。
骨はホロッと柔らかく、身の部分は水分が抜けてボソボソというかモソモソ。
これは中骨を一度揚げ焼きにでもしているのかな?。
調味液にも結構油が浮いていましたし。
ご飯に合わせると言うよりはおつまみ系と言った感じですね。
なんとなくマグロセロやツナピコを彷彿させる味でしたよ。

原産国:台湾
製造者:台灣糖業股份有限公司
輸入元:海華商事有限会社
購入先:台灣物産館 笹塚本店
購入時の値段:189円
関連記事
魚の中骨缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/07/06(月) 22:06)

<<Blog開設より一周年 | ホーム | 丸松の味付メンマ>>

コメント
 
台湾で鮭があがるんですか?
これは知らなかったです。
そういえば、昔、日本の海軍も鮭を沢山食べたらしいですし、台湾には海軍が駐留していたそうですね・・・
台湾の鮭は結構ウマソーです!(^^
URL | G3 #- | 2009/07/06(月) 23:02 [ 編集 ]

  Re: タイトルなし
G3様

誤解がある書き方だったようで申し訳ございません。
台湾産というのは缶詰の製造という意味で、
原材料が台湾産というわけではありません。
紅鮭なので北の方捕られた物を使っていると思います。
一応、台湾でもサケ目サケ科に属する陸封型のタイワンマスがいますが、
かなり減少しているそうなのでそれは缶詰に使われいないと思います。
(なお、タイワンマスは北半球では一番南に住むサケ科だそうです)

URL | Sotomichi #- | 2009/07/06(月) 23:29 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/187-d531ec9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア