缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 四万十うなぎ蒲焼き
今日はうなぎ缶詰をご紹介。
四万十うなぎ蒲焼き(パッケージ)
(株)黒潮町缶詰製作所さんの「四万十うなぎ蒲焼き」です。
これは四万十川でとれたシラスウナギを四万十町で養殖したという
「四万十うなぎ」を使用した蒲焼きの缶詰です。

四万十うなぎ蒲焼き(品名)
原材料は下記の通り。
二ホンウナギ(高知県産)、米発酵調味料、料理酒、砂糖(上白糖、
黒糖)、みりん、合わせだし、発酵調味料、鰹節パウダー、唐辛子/
増粘剤(加工でんぷん)。
黒糖は高知県黒潮町産の物を使用しているとのこと。
四万十うなぎ蒲焼き(缶)
箱入り缶詰にしては珍しく、ちゃんと缶にラベルが貼られていました。
四万十うなぎ蒲焼き(開封)
湯煎で温めてから開封。
中のうなぎは渦巻き状に詰められていました。
四万十うなぎ蒲焼き(中身)
うなぎは約2cm幅にざく切りされた物が9切れ入っていました。
これで一匹分のうなぎが使われているようです。
身はそれほど厚みはなく、養殖うなぎにしては皮が薄いですね。
蒲焼きのたれには「うなぎの頭」からとった出汁が入っているそうですよ。
四万十うなぎ蒲焼き(うな丼)
うな丼にして食べてみました。
身はふっくらして蒲焼きらしい香ばしさが感じられます。
養殖によくある皮がゴムのような感じが一切なく、
脂の乗りは強すぎず程よい印象。
まるで天然ウナギのようなウナギが使われていますね。
缶詰のうなぎ蒲焼きだと煮魚っぽさがあるのですが、
この缶詰はかなりうなぎの蒲焼きしていますよ。
この出来にはちょっと感動してしまいました。

製造者:株式会社 黒潮町缶詰製作所
購入場所:黒潮町缶詰製作所オンラインショップ
購入時の値段:2,500円
関連記事
その他の魚缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/17(月) 22:08)

<<キャビアの親玉 | ホーム | FRAY BENTOS 'GENTLE' Minced Beef & Onion>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/1354-967c0b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア