缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 GIBIER CAN 北海道産鹿肉のパルマンティエ
今日はジビエ缶詰をご紹介。
北海道産鹿肉のパルマンティエ(パッケージ)
(株)アクタスさんの「GIBIER CAN 北海道産鹿肉パルマンティエ」です。
これは天王洲アイルにあるレストラン「スーホルム」のシェフが監修するジビエ缶詰で、
フランスの国民食であるアッシュ・パルマンティエ(刻み肉とじゃが芋の重ね焼き)を
北海道産のエゾ鹿肉を使用して作ったという缶詰です。

北海道産鹿肉のパルマンティエ(品名)
原材料は、エゾシカ肉(北海道産)、ジャガイモ、トマト・ジュースづけ
(トマト、トマトジュース)、白ワイン、赤ワイン、タマネギ、人参、
トマトケチャップ、セロリ、オリーブ油、生クリーム、バター、
グラナパダーノチーズ、ニンニク、食塩、酸味料。
北海道産鹿肉のパルマンティエ(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
缶の中はみっちりと詰まっていました。
北海道産鹿肉のパルマンティエ(中身)
電子レンジで温めてから食すことに。
本来のパルマンティエは炒めたひき肉をグラタン皿に敷き詰め
マッシュポテトで蓋をしてオーブンで焼いた料理なのですが、
電子レンジで温めたのが悪かったのか見た目は全く別物ですね。
細かく解された鹿肉で荒くつぶしたじゃが芋を挟んでいるようです。
食べてみると、鹿肉はコンミートに似た食感でトマトベースの味付け。
じゃが芋はやや硬めでネットリとした食感でした。、
じゃが芋以外に人参やセロリなどの野菜も入っている模様。
少し肉の臭みがありますが味自体はなかなかに美味しいですね。
調べたところ、缶から取り出しチーズをのせてオーブンで焼いてもよかったようです。
電子レンジで温めるよりも料理的にそっちの方が正解かもしれません。

製造者:株式会社ドリームヒル・トムラウシ
販売者:株式会社アクタス
購入場所:SLOWHOUSE GINZA
購入時の値段:1,200円(税抜き)
関連記事
その他の肉缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/12/12(月) 22:01)

<<スルッとふた たこと大豆の煮物 | ホーム | Thai Deli マッサマンチキン>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/1298-f9ee44e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア