缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 FRAY BENTOS PUDDING Steak & Kidney
今日はイギリスの缶詰をご紹介。
FRAY BENTOS PUDDING Steak & Kidney(缶)
FRAY BENTOSというブランドの「PUDDING Steak & Kidney」です。
これは英国の伝統料理であるステーキ&キドニープディング缶詰です。
この料理はステーキ&キドニーパイを焼かずに蒸したようなものなんだとか。

FRAY BENTOS PUDDING Steak & Kidney(品名)
原材料は、スエットペストリー(小麦粉(炭酸カルシウム、鉄、ナイアシン、
チアミン)、牛肉脂肪、水、塩)、塩、酸度レギュレータ(リンゴ酸、フマル酸)、
膨張剤(重炭酸ナトリウム))、水、牛肉、豚腎臓、安定剤(キサンタンガム)、
加工トウモロコシ澱粉、小麦粉(炭酸カルシウム、鉄、ナイアシン、チアミン)、
塩、香辛料、酵母エキス、天然香料、トマトペースト、大麦麦芽エキス、
牛肉エキス、チコリエキス、食塩、砂糖、着色料(カラメル色素)、
トマトパウダー、ガーリックパウダー、ひまわり油。
FRAY BENTOS PUDDING Steak & Kidney(調理法)
調理方法は下記の通り。
1.プルリングを使用して開き、ふたを取り外します。
2.皿の上にひっくり返して置き、電子レンジで1分半加熱する。
3.30秒置き、慎重にカップから中身を押し出します。
缶本体はプラスチック製なので、そのまま電子レンジにかけても大丈夫のようですね。
ちなみに電子レンジは750wを基準にしているらしいので、
600wなら1分50秒~2分、500wなら2分~2分10秒ぐらいかな。
FRAY BENTOS PUDDING Steak & Kidney(開封)
缶蓋はアルミ製でイージーオープン構造。
中は前に紹介した同社のステーキ&キドニーパイに見た目そっくりです。
FRAY BENTOS PUDDING Steak & Kidney(中身)
電子レンジで温めたものがこちら。
英国風に豆やポテト、ニンジンなどの野菜を添えてみました。
ちなみにプディングは缶から取り出すときに底と上部が分離してしまいました。
FRAY BENTOS PUDDING Steak & Kidney(断面)
カットした断面はこんな感じ。
プディングの生地は厚さ5mmぐらいあり、中にはグレービーソースで
味付けされた細切れの牛肉と豚肝臓が入っていました。
食べてみると、生地はネッチリとした食感で生焼けのパイ生地の様な印象。
中のステーキ&キドニーは前に紹介したパイと同じ味ですね。
豚肝臓には少し臭みがありましたが、癖は強くなく食べやすいです。
個人的には好きですが、プディング生地の食感は人によって好みが分かれそうかな。

原産国:イギリス
購入場所:Amazon.co.jpの「限られた素晴らしい調理」よりネット通販
購入時の値段:659円(送料別)
関連記事
その他食品 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/04/15(金) 21:55)

<<日本酒缶コレクション3 | ホーム | 鹿児島県産 黒豚のアヒージョ ハツ・タン・ガツのにんにくとオリーブオイル煮込>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/1221-0822ee78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア