缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 紀州勝浦まぐろCAN マグロ経済学 まぐろのガツ水煮
今日はマグロ缶詰をご紹介。
紀州勝浦まぐろCAN マグロ経済学 まぐろのガツ水煮(缶)

勝浦漁業協同組合さんの「マグロ経済学 まぐろのガツ水煮」です。
これは養殖クロマグロガツ胃袋)を水煮にした缶詰です。
ちなみにマグロ経済学と言うのはこの缶詰のシリーズ名で、
マグロは目玉や内臓まで経済的に活用できることから、
マクロ経済学とかけてマグロ経済学と命名したそうですよ。

紀州勝浦まぐろCAN マグロ経済学 まぐろのガツ水煮(品名)
原材料は、クロマグロ(養殖)、しょうが、食塩。
食品添加物は使用されていないようですね。
紀州勝浦まぐろCAN マグロ経済学 まぐろのガツ水煮(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
中の見た目は、前に紹介した「まぐろガツ豆板醤」よりはマシですが、
やっぱりちょっと不気味な印象です。
紀州勝浦まぐろCAN マグロ経済学 まぐろのガツ水煮(中身)
マグロガツは約5mm幅で刻まれていました。
水煮ですが、臭み消しなのか針生姜が一杯入っているようですね。
食べてみると、外側は柔らかく、内側はムッチリとしており、
いかにも内臓肉って感じでとても魚の物とは思えない食感ですよ。
ガツ自体の臭みはなく、生姜の香りと苦みが感じられました。
水煮なのでそのまま食べるには味が物足りないです。
水気をしっかりと切り、ポン酢や酢味噌で食べるのが良いかもしれませんね。

製造者:勝浦漁業協同組合 まぐろ体験CAN
購入場所:わかやま紀州館「いこら」
購入時の値段:550円
関連記事
まぐろ・かつお缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/11/10(火) 22:57)

<<缶つまレストラン 牛肉の赤ワイン煮 | ホーム | GIBIER 鹿肉ソーセージのポトフ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/1172-f33707c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア