缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 GIBIER 鹿肉ソーセージのポトフ
今日はジビエ缶詰をご紹介。
GIBIER 鹿肉ソーセージのポトフ(缶)
(株)光生さんの「GIBIER 鹿肉ソーセージポトフ」です。
これは岡山県美作市で獲れた鹿肉ソーセージを使用したポトフ缶詰です。
なお、この缶詰は、東京都港区虎ノ門にあるビストロ「Le Petit Tonneau」の
オーナーシェフであるフィリップ・バットン氏が監修しているとのこと。

GIBIER 鹿肉ソーセージのポトフ(品名)
原材料は、鹿肉ソーセージ鹿肉、豚脂肪)、野菜(人参、大根、
玉ねぎ、セロリ、ニンニク)、チキンブイヨン、食用植物性油脂
(ひまわり油、オリーブ油)、食塩、香辛料、砂糖、赤ワイン。
食品添加物は使用されていないようですね。
GIBIER 鹿肉ソーセージのポトフ(説明書き)
缶のラベルにはジビエについてや監修のフィリップ・バットン氏に
ついての説明書きがされていました。
下のほうには、この缶詰に合うワインが紹介されている書かれています。
フランス/ブルゴーニュ産ピノ・ノワール
フランス/ロワール産カベルネ・フラン
こちらのぶどうのワインが合うそうですよ。
GIBIER 鹿肉ソーセージのポトフ(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
脂肪分が白く固まっており、蓋の裏側にへばりついていました。
GIBIER 鹿肉ソーセージのポトフ(中身)
電子レンジで軽く温めてから食すことに。
ポトフの具材は、2㎝ぐらいにカットされた鹿肉のソーセージ
人参、大根、玉ねぎ、セロリが入っていました。
食べてみると、ソーセージは柔らかくほろりと口の中で解れるような食感。
狩猟で得られた鹿肉だからか、極わずかに血の臭みが感じられましたね。
セロリや玉ねぎは煮込まれてトロトロ、大根と人参はよく染み込んでいます。
チキンブイヨンの優しい旨味が具材に染みて、
なんだか西洋風おでんという言葉が脳内に浮かびました。
さすが一流シェフが監修しているだけあって、
非常にクオリティが高く、美味しい缶詰でしたね。

販売者:株式会社 光生
製造者:企業組合鏡野やま弁クラブののもん
購入場所:WINE MARKET PARTY
購入時の値段:1,706円(税込み)
関連記事
シチュー・煮込み | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/11/08(日) 22:05)

<<紀州勝浦まぐろCAN マグロ経済学 まぐろのガツ水煮 | ホーム | 缶つまSmoke さば>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/1171-10942db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア