缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 Hormel ビーフシチュー
今日はシチューの缶詰をご紹介。
Hormel ビーフシチュー(缶)
(株)沖縄ホーメルさんの「ビーフシチュー」です。
これは沖縄では誰もが知っているビーフシチュー缶詰です。
沖縄ではシチューの缶詰ストゥー缶と呼んで親しまれているとのこと。

Hormel ビーフシチュー(品名)
原材料は、牛肉、野菜(じゃが芋、人参)、でん粉、トマトペースト、
食塩、香辛料、砂糖。
食品添加物は使用されていないようですね。
Hormel ビーフシチュー(調理法)
そのままでも食べられる缶詰ですが、いろいろアレンジして食べられているようです。
沖縄では、ここに書かれているヘチマシチューが定番の食べ方らしいですよ。
Hormel ビーフシチュー(開封)
開封するには缶切りが必要です。
中は黄色い油脂が缶底に溜まっているようでした。
Hormel ビーフシチュー(中身)
鍋に移し温めてから食すことに。
具材は牛ひき肉と角切りのじゃが芋、人参の三種のみのようです。
ビーフシチューと言えばデミグラスソース味を想像しますが、
この缶詰の味付けはトマトベースで酸味が強くなく非常にマイルドです。
牛ひき肉はやや缶詰の癖があり、まるでコンビーフのような風味ですね。
芋と合わさり同社のコンビーフハッシュを彷彿させます。
一般的なビーフシチューとは違う味ですが、これはこれで美味しいですよ。
Hormel ビーフシチュー(ナーベーラー)
沖縄を代表する野菜の一つであるナーベーラー(食用へちま)。
このナーベーラーがストゥー缶と非常に相性が良いとのこと。
皮をむいて適当な大きさにカットしたナーベーラーを
ストゥーと一緒に煮込むだけで良いとのこと。
Hormel ビーフシチュー(ヘチマのストゥー)
ナーベーラーを入れ煮込んだものがこちら。
ナーベーラーから水分が出るので少しゆるめなりますね。
食べてみると、やや薄味になりますがストゥーに甘みが加わりました。
ナーベーラーはズッキーニぽい食感ですが青臭さがちょっと残るかな。
沖縄で定番な組み合わせだけあって、素材とあってなかなか美味しいです。
家によってはこれに島豆腐を加えたり、味付けに味噌を加えたりするんだとか。
そのうち、缶に書かれていたカレーなんかも試してみたいですね。

製造者:株式会社 沖縄ホーメル
購入場所:銀座わしたショップ
購入時の値段:432円
関連記事
シチュー・煮込み | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/10/11(日) 21:20)

<<比内地鶏入り 茶わんむし | ホーム | うにホタテマヨネーズ風味>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/1161-e9467de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア