缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 海のレストラン こはだのトマトソース漬け
今日は魚の缶詰をご紹介。
海のレストラン こはだのトマトソース漬け(パッケージ)
(株)シーウィングスさんの「海のレストラン こはだトマトソース漬け」です。
コハダは江戸前鮨では定番のお魚で、コノシロの若魚のことを言います。
缶詰で使われるのは非常に珍しいですね。

海のレストラン こはだのトマトソース漬け(品名)
原材料は、こはだ、トマト、砂糖、食塩、とうもろこし澱粉、
増粘剤(キサンタンガム)。
海のレストラン こはだのトマトソース漬け(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
中にはこはだが縦方向に詰められていました。
海のレストラン こはだのトマトソース漬け(開封)
こはだは頭と尾、ワタを除かれた物が4匹入っていました。
前に紹介した「こはだのオイル漬け」より一匹少ないですが、
その分一匹、一匹が大きいようですね。
食べてみると、こはだの身はきめ細かくやわらかですが、
少し水っぽさが感じられますね。
トマトソースはモロモロっとしていて粘度があり、
やや甘めで酸味が飛んでいて、魚の臭みも染み込んでいました。
なんだか海外の缶詰にありがちな味付けのトマトソースといった印象。
それなりに美味しいのですが、もう少しトマトを生かしてほしいかな。

原産国:中国
輸入者:株式会社シーウィングス
購入場所:スリーエフ 中野5丁目店
購入時の値段:忘れた
関連記事
その他の魚缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/18(土) 22:47)

<<パンカーン 黒糖 | ホーム | 素材ごはんの素 滋賀県産 鮎>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/1133-993dd603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア