缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 缶つま ラム肉 ジンギスカン風
今日は羊肉を使った缶詰をご紹介。
缶つま ラム肉 ジンギスカン風(パッケージ)
国分さんの「缶つま ラム肉 ジンギスカン風」です。
これはラム肉ジンギスカンのタレにおいてシェア80%強を占めるという、
ベル食品(株)さんの「成吉思汗のたれ」で味付けした缶詰です。

缶つま ラム肉 ジンギスカン風(品名)
原材料は、羊肉、しょうゆ(大豆、小麦、食塩)、てん菜蜜糖、砂糖、
醸造酢、食塩、たん白加水分解物、たまねぎ、果糖ぶどう糖液糖、
発酵調味料、香辛料、にんにく、はちみつ、しょうがエキス、みりん、
オニオンエキス、酵母エキス、しょうが、増粘剤(加工でん粉)、
調味料(アミノ酸等)、酸味料、カラメル色素、香辛料抽出物。
缶つま ラム肉 ジンギスカン風(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
中は羊肉の脂が白く固まって浮いていました。
缶つま ラム肉 ジンギスカン風(中身)
電子レンジで温めてから食すことに。
ラム肉はロースの部分なのか適度に脂身がついています。
食べてみると、肉質は少しパサつく部分もあるが、むっちりとしなやかな食感。
羊肉独特のクセもありますが、ラム肉だけあり控えめです。
ジンギスカンのたれを使っているだけあり、
醤油のきりっとした風味に玉ねぎの甘みが感じられますね。
ラム肉の脂が溶け込んでいるのでジンギスカン食べた後のタレっぽさがありますよ。
たしかにジンギスカン風でおいしい缶詰でしたが、
それだけに野菜がないのが不満を覚えてしまいますね。
炒めもやしや茹でもやしにこの缶詰ぶち込んで食べたくなります。

販売者:国分株式会社
購入場所:ROJI日本橋
購入時の値段:440円
関連記事
その他の肉缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/04(土) 23:44)

<<徳川家康公 ミートソースセット [ミートソース 茄子入り] | ホーム | 小布施の栗入り さといも汁>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/1128-7d6b9114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア