缶詰まにあくす
   ここは缶詰を坦々と紹介するだけのBlogです。 過度な期待はしないでください。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 キムチ鍋専用 シーチキン辛〈KARA〉
今日はツナ缶をご紹介。
キムチ鍋専用 シーチキン辛(缶)
はごろもフーズさんの「キムチ鍋専用 シーチキン辛」です。
これは名前の通りキムチ鍋に入れる専用のツナ缶です。
韓国は沖縄と同じように在韓米軍からの物資流入で、
SPAMやツナ缶などを使った缶詰料理が豊富らしいですね。
鍋に缶詰を具材として入れるのも一般的みたいですよ。

キムチ鍋専用 シーチキン辛(品名)
原材料は、焙乾かつお、大豆油、唐辛子、野菜発酵調味料、にんにく、
魚醤、砂糖、しょうが、昆布エキス、煮干エキス、かつおエキス、食塩、
増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸)。
唐辛子は韓国産唐辛子を使用しているとのこと。
韓国産のOEM製品化と思っていましたが、どうやら国産のようですね。
キムチ鍋専用 シーチキン辛(開封)
缶蓋はイージーオープン構造。
中の調味液は見事なまでに真っ赤ですね。
キムチ鍋専用 シーチキン辛(中身)
中のツナは一部フレーク状も混じっていまっすが、基本チャンク状をしていました。
缶にギッチリツナが詰まっていたため、調味液自体は少ないようですね、
とりあえずそのまま食べてみると、焙乾してあるので燻された香りがします。
脂が落ちてややパサつきがあり、カツオがもつ鉄分の酸味が感じられました。
見た目は辛そうですが、辛みよりも旨味の方が強いですね。
キムチ鍋専用 シーチキン辛(調理)
調理方法は、調味液ごとキムチ鍋に入れるだけ。
調味液を入れることでスープにコクと芳ばしさが加わります。
ただ、缶に書かれている2~3人前の量だと効果は薄いかな。
個人的には一缶一人前ぐらいがちょうどよい気がしました。
ツナ自体は鍋と合うかは賛否が分かれそうですね。
焙乾したツナはパサつきとクセがあるので、
普通のツナの方が馴染むような気もしますよ。

販売者:はごろもフーズ株式会社
購入場所:どこかのスーパー
購入時の値段:忘れた
関連記事
まぐろ・かつお缶 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/12(日) 22:54)

<<かづの 北限の桃 | ホーム | 燻製アサリ オイル漬け>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://canzume100.blog39.fc2.com/tb.php/1041-71765423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 缶詰まにあくす all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア